Q&A

Q & A (語句やよくある質問をまとめました)

転写
転写とは、川口喜三郎さんが持つ、独自の特別かつ特殊な癒しの超波動エネルギーや能力を、人物や物体、土地、名称などに分け与えることです。

料金について
料金は転写1件につき1万円(税込み)で、領収証も発行してくれます。会場に参加される場合、会場で現金またはクレジットカードでお支払いください。会場に行かずに遠隔転写を申し込まれる方は、Eメールやファックスで転写を申し込まれる前に、銀行振込かクレジットカードで支払いされてから、EメールやFAXに、いつ、いくらを振り込みまたはクレジット決済をしたのかを明記してください。講演会の参加費は初回のみ1万円(税込み)で、その 1万円の中には、本人の転写が含まれています。再度講演会に参加される方は2回目以降千円(税込み)です。

組織について
喜楽の会は、自由な任意の集まりで、宗教団体でも病人を治療できる医療機関でも営利を目的とした団体でもありません。講演会に初参加する、もしくは、遠隔転写で新規申込みを1件すると喜楽の会の会員になりますが、月会費や年会費は一切かかりません。会員になっても何か勧誘をしてきたり、勝手にパンフレットなど何か資料を送ってきたり、電話をかけてきたり、そういうことは一切ありません。勿論、講演会に参加しても何かを強要されたり、拘束されたりすることもありません。喜楽の会に参加して、川口先生の言う通りにしていくと、色々な奇跡が起きたり、そういった奇跡を自分で当たり前に起こせるようになり、奇跡という言葉を聞くとすぐに宗教と結びつける人がいますが一切宗教とは無関係です。そして、色々な結果が出たからといって、何かお礼をしたり、寄付をしたり、その必要も全くありません。逆に転写以外のお礼は断られます。感謝の気持ちを伝えたい方は、直接会場へ足を運ばれて、川口先生に直接お礼を言われたり、体験発表をされるとよろしいかと思います。参加できない方はEメールやお手紙などで体験談を報告されるとよろしいかと思います。

喜念カード
川口喜三郎、という先生のお名前が入ったカード のことです。プリントタイプと直筆タイプがあります。額入り特大色紙や 極小サイズ、など大きさもいくつかあるので、会場でご確認ください。こちら、公式ファンサイトの中の各種資料一覧のページでもご確認できます。

他者 と 他人様
他者とは自分以外の全ての方々のことで、 他人様とは家族、身内、親戚以外の方達のことだそうです。

盥(タライ)の水の原理
たらいの水を自分のように寄せようとすると水は向こう側に逃げていきます。でも、たらいの水を思い切り向こう側に押し出すと、廻り回って、勢いを増して自分の元に返ってきます。つまり、自分に結果を出したければ、まず 他人様の幸せの為に「念じる」「行動を起こす」と、巡りめぐって結果的には良い行いが自分に返ってくる、という意味だそうです。

目的について
川口喜三郎さんの真の目的は、個人や法人の 願いを叶えたり解決したりするだけではなく、戦争やテロ、地震、水害、 台風など自然災害などから日本や地球を守ること。そのためには川口先生だけでなく、一人でも多くの方々の協力が必要なのだそうです。そのため、 川口先生は私たちにも、そういった特殊な能力を授けてくれて自身や他人の幸せだけではなく、日々、少しの時間で構わないので 『地球が癒される、日本の大地が鎮まる、日本の火山が鎮まる、すべての災害・事件・事故から万物が守られる』 などといった、地球や世の中の為の癒しの㐂念を、よかったら一緒にお手伝いしてくださいね。ということが本来の趣旨なのです。もちろん、強制は一切ありませんのでご安心ください。

㐂念(喜念)、念じる
喜楽の会では何かを達成する際、例えばですが、 鈴木二郎が高校受験に合格する、鈴木三郎の病気が治る、という風に 語尾が断言で終わる形で念じます。その際、エネルギー転写を受けた方が、川口先生の喜念カードを左手に10枚以上をもって、個人や法人の願いなどを念じると大変早く結果が出ます。

●●になったらいいな →  希望
●●になりますように  →  祈願
●●してください  → お願い
●●になってほしい  → 願望
●●になる   →  断言

この、断言こそが最も強いエネルギーなのだそうです。喜念カードを10枚以上持って、断言以外の言葉で念じても結果は出てしまいますが、断言が圧倒的に早く結果が出るそうです。言葉のもつエネルギーの強さについては直接講演会で先生に聞いてみてください。

転写について
講演会に参加される方は、直接会場でお申込みください。遠隔でお申込みの方はこちらの用紙をプリントアウトしてご記入し、喜楽の会事務局にファックスをするか、または、こちらの公式ファンサイトのお問い合わせのページにある定型文をコピーして必要事項を埋めて喜楽の会事務局にEメールでお送りください。ファックスでもEメールでも、送信前に代金決済を済ませてからお申込みしてください。送信後は必ず事務局に届いたか確認の連絡を入れてください。

個人の転写
フルネーム、もしくは読み方が分からない場合も 転写可能です。生年月日が分からなくても大丈夫です。会ったことのない方でも転写していただけます。詳しい理由は先生もよく分からないみたいですが、結果が出てしまうそうです。

土地・建物への転写
まず、土地 と 建物の転写は一緒にはできませんので別々に申し込みが必要です。

土地の転写
「 ○○家(家の主の方の苗字)の土地」 、 もしくは 「○○(氏名)の土地」 、 所有者がわからない場合は 「○○県○○市○○町○番地 の土地」 、 もしくは 「○○の住んでいる土地」 と記載します。いずれの場合も土地の住所の記載は必要です。

建物の転写
土地と同様 「○○家の家」 と記載し、アパート ・ マンションの場合は、 アパート(マンション)名 と 部屋番号 「○○アパート 102号室 」等と記載が必要です。

車への転写
トヨタ クラウン 佐賀350 あ 68-68  鈴木一郎の車、という風に、 メーカー、車種、ナンバー、持ち主の名前を記載します。

会社等への転写
会社 ・ 店 ・ サロン の名称を記入します。サロン等にハッキリとした名称がない場合は、 「鈴木一郎が経営している サロン」という風に記載します。

ペット の転写
鈴木タマ という風に、飼い主の苗字 + ペットの名前で記載します。

会場への予約について
予約は基本的に必要ありません。

初回参加の服装や持ち物について
基本的には自由です。ただし、初参加の方に限り、床にうつ伏せになるのでハンカチかハンドタオルがあるとよいと思います。

喜念カードのプレゼントついて
会場へ行かれる場合も、ファックスやEメールで申込みをする場合も、転写1件の申し込みで喜念カードを
2枚プレゼントしていただけます。はじめての方に関しましては、その当日に限り、転写をもう1件申し込むと8枚プレゼントしていただけます。つまり、 初回の方は、会場へ行く場合もファックスやEメールで新規申込みされる場合も、ご自身の転写1件ではなく、もう1件追加して合計で2件(2万円)申込むと喜念カードが10枚になるので、オススメです。その後は、遠隔転写申込みごとに、または、ご家族友人知人をご紹介するごとに喜念カードをプレゼントしていただけます。複数の方を同時に紹介すれば、通常の喜念カードではなく、直筆喜念カードであったり、特大喜念色紙であったりしますので、詳しくは会場でご確認ください。通常は、一人ご家族や友人知人を紹介するごとに喜念カードを2枚プレゼントしてもらえます。直接会場にお連れしても、直接でなく、紹介を受けた方達が会場で紹介者のお名前を用紙に書けば、後日喜念カードが紹介者に送られてきます。ちなみに紹介者の名前を私、喜楽華子にすると特別に4枚プレゼントしてもらえます。

喜念カードの販売について
行っていません。直接販売やオークション販売などを行うと、そのカードのエネルギーはなくなってしまうそうです。一度転写を受けた相手に、貸す本人が一緒にいる間だけ貸してあげる、ことは問題ないそうです。プレゼントすることは、エネルギーがなくなることはないそうです。

念じ方について
念じ方の例は、喜楽の会のパンフレットに詳しく書かれてありますので、各種資料のページをクリックしてください。

トリプルについて
こちらの資料に詳しく書いてあります。

結果を出す優先順位について
講演会に参加すると、先生がたらいの水のこと(他者の幸せを最優先して念じてあげること)や、先祖表を作ること、目標を唱えながら68を48文字以上書く、水子の癒し、など 色々なことがお話に出てくるのですが、優先順位を教えてください という質問を会場ではよく聞きますが、こちらの資料に順番が書いてあります。ノートに68を書くことに関しては、毎日のルーティングワークの中に入れるのではなく、結果を特に早く出したい時に、お好きな時に行うと良いそうです。